ActiveReportsJS V5Jの新機能

サーバーサイドに依存しないJavaScript帳票ライブラリ「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」の新バージョン「V5J」を、2024年7月19日(金)にリリースします。

「V5J」では、Visual Studio Code(以下、VSCode)上での帳票デザインが可能となるVSCode拡張機能「レポートデザイナ」を追加しました。VSCodeは幅広いプログラミング言語に対応した高機能なコードエディタです。その高い拡張性から、Webアプリやモバイルアプリなど多くのアプリケーション開発のシーンで利用されています。

今回、新たに追加したVSCode拡張機能版のレポートデザイナを利用することで、ActiveReportsJSを用いたWebアプリケーション開発と帳票デザインをVSCode上でシームレスに行うことができ、開発作業がより効率的に行えるようになります。

Visual Studio Code 拡張機能「レポートデザイナ」の追加<
Visual Studio Code 拡張機能「レポートデザイナ」の追加

また、帳票デザイン作業をより効率化するために、複数のコントロールのサイズや位置を一括で調整できる「レイアウトツールバー」を追加しました。そのほか、「デザイナアイコン」の変更や、デザイナ画面全体の外観設定が可能になる「デザインテーマ変更機能」なども搭載し、視認性向上を図りました。

レイアウトツールバー
複数のコントロールを一括調整できるレイアウトツールバーの追加

さらに、HTMLによる柔軟な書式表現が可能な「MixedFormatText」においても、「line-height」スタイルの設定が可能となり、行間の調整が自由に行えるようになりました。細かな行間調整が必要な「告知記事」や「行政文書」といった文書にも、本機能を活用することでより柔軟な表現が実現できます。

MixedFormatTextコントロール行間設定機能
「MixedFormatText」コントロール行間設定機能の追加

すべての新機能の詳細はWebサイトで確認することができますので、ぜひご覧ください。

また、本件に関するニュースリリースは以下をご覧ください。

\  この記事をシェアする  /